裁量トレード用MT4 indicator

サポートの一環として、裁量トレードにおいて、チャートを見るのに役立つインジケーターをご紹介します。今回ご紹介するインジケーターはいずれも有名なものではございますが、mql4へ手を加える事で更にユーザビリティを向上させたものになります。
個人的には、裁量トレードにおいて取引の基準としているのはローソク足の値動きであり、MT4のインジケーターの値を参照しながらトレードするといった事はしておりません。
なので、今回ご紹介するインジケーターもチャートの値動きを見やすくする、またはチャートの値動きの分析に役立つインジケーターとなっております。
このページで紹介しているインジケーターとテンプレートは、下記のリンクより一括でダウンロードしてご利用ください。

<目次>

1.GRID_BUILDER 水平グリッド自動描画

GRID_BUILDERの簡単な解説

grid_builder

GRID_BUILDERは、MT4メインウィンドウへ自動で水平グリッドを描画するインジケーターになります。こちらのインジケーターを使用する事でボラティリティーを瞬間的に判断する事が容易になります。
既存のMT4の水平グリッドでは、縮尺に合わせて間隔が変動してしまう為、「チャート上では大きく動いているように見えても、実はpipsに換算してみると大して動いてなかった。」なんて事がよくあるのですが、GRID_BUILDERを使い、10pips単位などの等間隔で水平線を自動描画する事で、現状のボラティリティーを正しく判別する事が可能となります。
GRID_BUILDERを使用するメリット

  • チャート上の小さな値動きに惑わされにくくなる。
  • チャート上での損益計算が容易になる。
  • ボラティリティーの少ない相場状況で余計なトレードをしなくなる。
  • 値動きのない相場状況を見送る事ができる。
GRID_BUILDERの仕様

  • 水平グリッドの間隔はパラメータで設定可能となっております。
  • 線色はグレーを使用しておりますが、mql4を書き換える事により変更可能です。
  • 線種は点線を使用していますが、こちらもmql4を書き換える事により変更可能です。
  • 間違えて水平グリッドを消してしまった場合でも、グリッドは自動回復します。

GRID_BUILDER使い方ガイド

GRID_BUILDERの使い方からパラメーターの設定、改造方法等を解説していきます。

1.GRID_BUILDERをMT4へインストール。

インジケーターのMT4へのインストール方法はコチラをクリックで移動できます。

2.MT4標準搭載のグリッド表示を消去。

まずは、GRID_BUILDERの表示に邪魔となるMT4標準搭載のグリッドを消してしまいます。

  1. チャート上で右クリック。
  2. プルダウンメニューからプロパティを選択。
  3. プロパティウィンドウの全般タブをクリック。
  4. グリッドの表示というチェックボックスのチェックを外します。
  5. OKをクリックして完了です。グリッドが消えている事を確認して下さい。

3.インジケーターをチャートへ適用。

  1. MT4上部メニュー挿入をクリック。
  2. 罫線分析ツール → カスタム → GRID_BUILDERと選択し設定ウインドウを開きます。
  3. ひとまず「OK」をクリックし、GRID_BUILDERをチャートへ適用します。

4.パラメーターの設定。

  1. チャート上で右クリック
  2. プルダウンメニューより表示中の罫線分析ツールを選択。
  3. GRID_BUILERを選択し、編集をクリックし設定ウィンドウを開きます。
  4. パラメータの入力タブを選択し、パラメータを設定して完了となります。
パラメータ推奨設定
変数 バリュー
グリッドスペース 100(1pip = 10)

GRID_BUILDERのカスタム方法

水平グリッドの色や線種を変更したい場合、以下の方法で変更可能となります。

  1. MT4上部メニューにあるツールをクリック。
  2. メタエディターをクリックしメタエディターを開きます。
  3. メタエディター上部メニューより、View → Navigatorとクリック。
  4. Navigatorウィンドウが表示されるので、その中のIndicatorsフォルダを展開。
  5. Indicatorsフォルダ内のGrid Builder.mq4をダブルクリックするとエディタが開きます。

メタエディター変更箇所画像
グリッドビルダー解説

赤矢印の示す部分は線種を指定しています。現在はSTYLE_DOTになっています。

青矢印の示す部分は線色を指定しています。現在はDimGrayになっています。
こちらを変更する事で、グリッドの表示が変化します。

設定値参考資料

設定値 線種
STYLE_SOLID 普通の横線
STYLE_DASH -------
STYLE_DOT ・・・・・・・
STYLE_DASHDOT -・-・-・-・-
STYLE_DASHDOTDOT -・・-・・-・・-・・-

赤系
Red Crimson FireBrick IndianRed
OrangeRed Tomato Coral DarkOrange
MediumVioletRed LightCoral Salmon Orange
PaleVioletRed Magenta DarkSalmon LightSalmon
DeepPink HotPink LightPink Pink
緑系
Green ForestGreen SeaGreen MediumSeaGreen
DarkGreen DarkOliveGreen OliveDrab YellowGreen
DarkSeaGreen
Lime Chartreuse
Teal
LightSeaGreen MediumSpringGreen
LawnGreen LimeGreen SpringGreen
GreenYellow LightGreen PaleGreen
青系
Blue RoyalBlue DodgerBlue LightSkyBlue
MediumBlue CornflowerBlue DeepSkyBlue SkyBlue
MidnightBlue DarkSlateBlue CadetBlue MediumTurquoise
Navy SteelBlue Turquoise DarkTurquoise
DarkBlue MediumAquamarine Aquamarine PaleTurquoise
SlateBlue LightBlue PowderBlue Aqua
MediumSlateBlue LightSteelBlue LightCyan
白系
Snow Ivory Honeydew LightGoldenrod
WhiteSmoke White MintCream AliceBlue
MistyRose
Gray / Silver / Black
DarkSlateGray DimGray Gray SlateGray
LightSlateGray DarkGray LightGray Silver
Black Gainsboro
黄系 / 茶系
LemonChiffon Cornsilk Beige PeachPuff
Yellow LightYellow
DarkGoldenrod Goldenrod Gold
NavajoWhite AntiqueWhite Tan BurlyWood
SaddleBrown Brown RosyBrown SandyBrown
Chocolate Maroon Peru Sienna
Moccasin Wheat Bisque BlanchedAlmond
Seashell PapayaWhip Linen OldLace
Olive / khaki
Olive DarkKhaki Khaki PaleGoldenrod
Violet / Orchid / Purple / Lavender
DarkViolet Violet Plum Thistle
DarkOrchid MediumOrchid Orchid BlueViolet
Purple MediumPurple Indigo
Lavender LavenderBlush

設定値を変更したら、保存して完了となります。

<目次>

2.JPN_TIME_SUB_ZERO 日本時間表示(全過去データに対応版)

JPN_TIME_SUB_ZEROの簡単な解説

jpn_time

JPN_TIME_SUB_ZEROは、MT4のサブウィンドウに日本時間を表示するインジケーターになります。有名なインジケータ―になりますが、こちらに置いてあるものは全ての過去データを遡り日本時間を表示可能となっております。
既存のMT4には基本的にタイムゾーンを変更する機能は搭載されておりません。チャート画面下に表示されている時刻は各業者のサーバー時刻になります。またそれに伴い表示される垂直グリッドも縮尺により間隔が変動してしまう為、現在時刻や過去データの時刻が「ぱっと見」解りにくいものとなっております。
JPN_TIME_SUB_ZEROを使い、60分毎などの等間隔で垂直グリッドを描画し、正確な時刻を把握する事で、各時間足の値動きなどが把握しやすくなります。
JPN_TIME_SUB_ZEROを使用するメリット

  • 各時間足の値動きを直観的に把握できる。
  • 指標や要人発言の時間を間違えなくなる。
  • 各時間足の値動きを把握できる為、表示するチャートが少なくてすむ。
  • 過去の値動きを検証する際、指標発表時などの値動きを把握しやすい。
JPN_TIME_SUB_ZEROの仕様

  • 垂直グリッドの間隔はパラメータで設定可能となっております。
  • 線色、線種などもパラメータで変更可能です。
  • 過去どこまで遡っても表示可能となっております。

JPN_TIME_SUB_ZERO使い方ガイド

JPN_TIME_SUB_ZEROの使い方からパラメーターの設定方法などを解説していきます。

1.JPN_TIME_SUB_ZEROをMT4へインストール。

インジケーターのMT4へのインストール方法はコチラをクリックで移動できます。

2.MT4標準搭載のグリッド表示を消去。

まずは、JPN_TIME_SUB_ZEROの表示の邪魔となるMT4標準搭載のグリッドを消してしまいます。

  1. チャート上で右クリック。
  2. プルダウンメニューからプロパティを選択。
  3. プロパティウィンドウの全般タブをクリック。
  4. グリッドの表示というチェックボックスのチェックを外します。
  5. OKをクリックして完了です。グリッドが消えている事を確認して下さい。

3.インジケーターをチャートへ適用。

  1. MT4上部メニュー挿入をクリック。
  2. 罫線分析ツール → カスタム → JPN_TIME_SUB_ZEROと選択し設定ウインドウを開きます。
  3. ひとまず「OK」をクリックし、JPN_TIME_SUB_ZEROをチャートへ適用します。

4.パラメーターの設定。

  1. チャート上で右クリック
  2. プルダウンメニューより表示中の罫線分析ツールを選択。
  3. JPN_TIME_SUB_ZEROを選択し、編集をクリックし設定ウィンドウを開きます。
  4. パラメータの入力タブを選択し、パラメータを設定して完了となります。
パラメータ推奨設定
変数 バリュー
タイムインターバル 12(5分足で1時間毎に垂直グリッド描画)
PC時間を使用しますか? true
時差 9(設定値は業者毎に異なります)
グリッド表示 true
年表示 false
月表示 false
日表示 false
時表示 true
zero_h false
分表示 false
秒表示 false
アロー false
new line false
グリッドカラー 色選択
フォントサイズ 8
テキストカラー 色選択
use color grid false
use 12 hour false
設定値を変更したら、保存して完了となります。

<目次>

3.B_CLOCK ローソク足確定をカウントダウン

B_CLOCKの簡単な解説

b_clock

B_CLOCKは、カウントダウン用のインジケータ―になります。MT4のメインウィンドウに表示され、ローソク足確定までの残り時間をカウントダウン表示してくれます。全ての時間軸のチャートにおいて使用可能となっております。既存のものは文字が小さく見難い仕様になっていた為、文字の大きさなどをパラメータで設定できるようにしてあります。
カウントダウン用のインジケーターは色々出回っておりますが、B_CLOCKの場合、最新ローソク足のすぐ隣に表示される為、直近の値動きにも集中しやすい仕様となっております。
B_CLOCKを使用するメリット

  • ローソク足確定のタイミングで取引される方には必需品。
  • 最新ローソク足のすぐ隣に表示される為、指標時などに値動きに集中できる。
  • 5分足や15分足を見ながらでも1分足などのチャートパターンを把握しやすくなる。
B_CLOCKの仕様

  • フォントの大きさや色は、パラメータで設定可能となっております。
  • 全ての時間足に表示可能となっております。
  • カウントダウンの値はMT4サーバー時間を元に計算されています。

B_CLOCK使い方ガイド

B_CLOCKのインストールからパラメーターの設定方法などを解説していきます。

1.B_CLOCKをMT4へインストール。

インジケーターのMT4へのインストール方法はコチラをクリックで移動できます。

2.インジケーターをチャートへ適用。

  1. MT4上部メニュー挿入をクリック。
  2. 罫線分析ツール → カスタム → B_CLOCKと選択し設定ウインドウを開きます。
  3. ひとまず「OK」をクリックし、B_CLOCKをチャートへ適用します。

3.パラメーターの設定。

  1. チャート上で右クリック
  2. プルダウンメニューより表示中の罫線分析ツールを選択。
  3. B_CLOCKを選択し、編集をクリックし設定ウィンドウを開きます。
  4. パラメータの入力タブを選択し、パラメータを設定して完了となります。
パラメータ推奨設定
変数 バリュー
クロックカラー 色指定
フォントサイズ 15(お好みで調節してください)
設定値を変更したら、保存して完了となります。

<目次>

4.I_PARAMON_WORK_TIME チャートを時間帯別に色分け

I_PARAMON_WORK_TIMEの簡単な解説

I_PARAMON_WORK_TIME

I_PARAMON_WORK_TIMEは、、チャートの背景色を時間帯別に色分け表示できるインジケーターです。チャートの背景色を、アジアセッション、ヨーロッパセッション、ニューヨークセッション、または自分のトレード可能な時間帯などに色分け表示する事により、チャートが格段に見やすくなります。
また過去の値動きなどを検証する際などにも、各セッション、自分の取引時間などが色分け表示されるので作業の効率が上がります。
I_PARAMON_WORK_TIMEを使用するメリット

  • 色分け表示された各時間帯の値動きが直観的に把握できる。
  • 過去チャートを検証する際の作業効率が上がる。
  • 自分の取引時間を色分け表示する事により、取引時間に規律を持たせる事ができる。
I_PARAMON_WORK_TIMEの仕様

  • 24時間の内、3つの時間帯をお好みで設定可能です。
  • 表示する日数を指定する事が可能なのでMT4への負荷を調整可能です。
  • 表示色はパラメータで設定可能となっており、色を重ねる事も可能となっております。

I_PARAMON_WORK_TIME使い方ガイド

I_PARAMON_WORK_TIMEの使い方からパラメーターの設定方法などを解説していきます。

1.I_PARAMON_WORK_TIMEをMT4へインストール。

インジケーターのMT4へのインストール方法はコチラをクリックで移動できます。

3.インジケーターをチャートへ適用。

  1. MT4上部メニュー挿入をクリック。
  2. 罫線分析ツール → カスタム → I_PARAMON_WORK_TIMEと選択し設定ウインドウを開きます。
  3. ひとまず「OK」をクリックし、I_PARAMON_WORK_TIMEをチャートへ適用します。

4.パラメーターの設定。

  1. チャート上で右クリック
  2. プルダウンメニューより表示中の罫線分析ツールを選択。
  3. I_PARAMON_WORK_TIMEを選択し、編集をクリックし設定ウィンドウを開きます。
  4. パラメータの入力タブを選択し、パラメータを設定して完了となります。
パラメータ推奨設定
変数 バリュー
何日分表示しますか? 50
時間帯1スタート時刻 任意の時間をご指定ください。
時間帯1エンド時刻 任意の時間をご指定ください。
時間帯1色設定 色指定
時間帯2スタート時刻 任意の時間をご指定ください。
時間帯2エンド時刻 任意の時間をご指定ください。
時間帯2色設定 色指定
時間帯3スタート時刻 任意の時間をご指定ください。
時間帯3エンド時刻 任意の時間をご指定ください。
時間帯3色設定 色指定
ハイレンジ false
設定値を変更したら、保存して完了となります。

<目次>

MT4インジケーターのインストール方法

ファイル拡張子の種類について

MT4のインジケーターファイルの拡張子には「.ex4」と「.mq4」2つの種類があります。

  • Moving Averages.ex4
  • Moving Averages.mq4

拡張子が「.ex4」のファイルはソースの変更が不可となり、
拡張子が「.mq4」のファイルはソースの変更が可能となります。 

どちらのファイル形式でもインジケータを表示するのには問題ありませんが、「.ex4」の場合はソースを書き換えられないのでご注意ください。

インジケーターインストール手順

インストールと言っても、作業的にはインジケーターファイルをMT4フォルダの任意の場所へ入れるだけとなります。

インジケーターファイルを入れる場所は、
Cドライブ → Program Files(x86) → MT4(業者名) → (MQL4) → experts → indicatorsとなります。

お使いのPCにより、CドライブがDドライブだったり、Program FilesがProgram Files(x86)だったり、MT4がFXCM_MT4(業者の名前)だったりしますのでご注意ください。

インジケーターファイルを任意のフォルダへ入れたらインストールは完了となります。MT4を起動してインジケータ―を適用してください。

<目次>

MT4テンプレートの設定方法

MT4テンプレートとは

MT4は標準搭載のテンプレート機能を使いインジケーターの設定を保存する事が可能です。テンプレート機能を使えば、新規でチャートを作成した場合でも簡単に既存のチャート設定を再現する事ができます。

テンプレートには、チャートの色、表示されているインジケータ(パラメータ含む)、 自分で引いたトレンドラインやフィボナッチなどがすべて記録されています。また、他人が作ったテンプレートを利用することも可能となっております。

テンプレートのインストール方法

既存のテンプレートファイルをお使いのMT4へインストールする手順です。

  1. 「.tpl」という拡張子のファイルをご用意ください。
  2. Cドライブ → ProgramFiles(86) → MT4 → templatesの中へファイルを入れます。
  3. MT4を起動し、テンプレート読み込みを行い完了となります。

テンプレートの登録方法

インジケーターなどの設定をテンプレートへ登録します。

  1. チャート画面上で右クリック。
  2. ポップアップウィンドウより「定型チャート」を選択
  3. 定型として保存をクリック。
  4. テンプレートに名前をつけ保存して完了となります。

テンプレートの読込方法

作成した、又はインストールしたテンプレートをチャートへ表示させる手順です。

  1. 新規チャートを開きます。
  2. 右クリックして「定型チャート」を選択。
  3. ポップアップしたリストの中から任意のテンプレートを選択。
  4. テンプレートがチャートに表示されていれば完了です。

<目次>

その他インジケーター3000個

世の中に出回っているMT4インジケーターを集めました。もちろん全てのインジケーターの使用方法を把握している訳ではございませんが、何かのお役に立てばと思いアップロードしておく事にしました。興味のある方は、下記ページの一括ダウンロードリンクをご利用ください。