裁量トレード動画

サポートの一環として、今回は裁量トレード手法に関する記事を書いていきます。

裁量トレード手法と言っても様々なものがありますが、まずは基礎として損小利大のスウィングトレード手法を例に出し、ポイントとなるであろうと思われる部分をピックアップして解説していきます。今回は、実際にトレード手法を運用している動画も撮影しましたので、トレードを学びたいと思われている方はご活用ください。

こちらの記事は、まだトレードで思うように利益を得る事が出来ないといった方々の為に、裁量トレードについての基本事項をまとめたものとなります。

まず損小利大の基本を動画を使って学んでいきましょう

こちらに実際に損小利大で運用しているトレード動画をご用意しました。

この動画はあくまでトレードにおける基礎段階を解りやすく解説する為の動画となっておりますので、資金管理や玉操作といったテクニックなどは使用しておりません。また取引している通貨ペアも単一となり、ヘッドラインニュースなどのファンダメンタルも考慮している訳ではありませんので、お見苦しい取引もある事をご了承ください。

※画質はフルHDまで上げられますが、通信速度により画質は変化します。

こちらの動画は特にパフォーマンスが良い期間を抽出して動画を撮影した訳ではありません。ランダムに期間を選択し、ぶっつけ本番で一発撮りしたものになります。
実際に手法を運用している動画を見て、なんとなく損小利大のトレードというものがどのようなものかをご理解いただけたでしょうか?
以下で動画の内容について詳しく解説していきます。

はじめに

今回の記事の内容についての注意事項

今回、ご紹介させていただいた動画の取引手法は、あくまでトレーニング段階での取引手法であり、プロレベルでのトレード手法ではありません。・・・・・・と言っても、実際の所、これだけでもマスターしてしまえば相場で利益を積み上げていく事は出来てしまうのですが・・・・ 
しかし、あえて言わせてもらうなら、このような単一通貨ペア、ファンダメンタル無視、資金管理無しの取引手法は、云わば「飛車角落ちの取引手法」といっても言い過ぎではありません。

つまりトレードとは、チャートのみと向き合って完結してしまうような浅いものではなく、その醍醐味はもっと奥深い所にあるものである。という事を念頭にこのサポートプログラムを作成していこうと思っております。
今回の記事では、ひとつの取引手法を分析する事により「裁量トレードとは、損小利大とは」といったテーマを掘り下げて書いていきます。

トレード手法の詳細

動画内で取り扱っているトレード手法を簡単に解説すると、「チャートがブレイクアウトしたタイミングでトレンドフォローで仕掛け、損切りか利食いの条件を満たした時に決済。」といった事を行っています。

エントリーや決済の条件についての詳細は以下をご覧ください。

エントリーについて

エントリーは「裁量」で行います。「裁量」で行うという事は、厳密にテクニカル指標などを用いてルール化しないという事です。
ルール化しないと言っても、厳密にはルール化しないという事で、大まかなルールは決めます。

エントリールール

日足と時間足の方向感やチャートパターンにより、どちらの方向へ狙うか?を決めます。
どちらの方向へ狙うかを決めたら、1時間足か5分足がブレイクアウトするか、もしくはしそうな時を狙ってエントリーします。
動画内では、比較的トレンドの出やすい時間帯である夏時間15:00~24:00までの間のみエントリーを行っています。

曖昧なエントリールールを書きましたが、間違ってもラインを引いて云々などといったルールを厳密化しようとする行動は避けてください。それらはトレードの可能性を狭くしてしまう要因となる可能性があります。あくまでこれは「裁量」トレードとなります。ルールを厳密化しようとする思考は聖杯探しに陥り易いですし、人力システムトレードで利益を残せるほど相場は甘くもありません。
エントリーに関しては、ある程度のトレーニングが必要となります。「裁量判断」を磨く為の最も効率的なトレーニング方法は、熟練したトレーダーのトレードをトレースしてしまう事です。チャートを読めるトレーダーのトレード履歴をトレースする事により、エントリーの感覚や思考を身体で体感して覚えてしまうのが最も効率的です。
トレース用の動画と売買履歴は、今後のサポートプログラムでご用意させていただきます。まずはスウィングトレードからマスターする事により、デイトレやスキャルピングといった短期売買での裁量判断を順に磨いていきましょう。
エントリーに関しては、難しく考えず気楽に行ってください。どうせこの手法は10回に1回しか勝てません。逆に言うと20回に1回でも勝てば資金は増えていきます。

損切りについて

損切りに関しては「裁量」では行いません。絶対的なルールを設定します。
完全にルール化してしまえるという事は、EAの使用が可能となりますので、リアルトレードでの損切りは、エントリーの直後に24時間監視可能なEAを起動させる事とします。

損切り用EAの配布に関しては、またサポートプログラム内の別記事で配布させていただきます。
損切りルール

「10SMA(10本単純移動平均線)割れ&建値割れ」2つの条件を満たした時に損切りを行います。また損切りのみEAによる24時間監視を行う事を前提に動画内では15:00~0:00のトレード時間外でも損切りを行っています。

また逆指値に関しては、取引する通貨ペアにより設定すべき値が変わってきます。

逆指値の設定値は、とりあえずレートの0.2%程度に設定しておけばOKです。ドル円のレートが1USD=100JPYなら逆指値の値は20pips程度くらいの気持ちで設定してください。

逆指値の設定値に関しては、経験を積み通貨毎のボラティリティを把握できるようになってから細かく設定していけばいいので、間違ってもトレーニング段階で「取引結果からカーブフィッティングして最適値を割り出す」なんて事はしないようにしてください。そのような時間があるのなら1回でも多くの取引経験を積む事を心がけた方が賢明です。

利益確定について

利益確定は「裁量」で行います。動画を見るとネックラインなどの抵抗を目標値としていますが、どんな状況でもネックラインで利益確定を行うといった事ではありません。つまり「裁量」で行うという事になります。

利益確定ルール

利益確定にはルールはありません。自分のトレードの損益分岐さえしっかり把握していれば、どこで利益を確定してしまってもかまいません。
損益分岐の把握とは、勝率10%で1トレードあたりの平均損失が10pipsなら最低でも90pips以上は利を伸ばさないと資金は増えていかないといったような事です。つまり損益分岐さえしっかり把握しておけば、利益確定は固定〇〇pipsといった形でもかまいませんし、ネックラインなどの抵抗付近で利益確定する形でもかまいません。
利益確定に関しては、それほどシビアな話でもないのです。動画の通り、損失は小さく切り、利益をそれなりに伸ばす事ができれば、資金は勝手に積み上がっていきます。

これも、トレースを行い実際に体感してもらう事で、知識ではなく腹に落ちた感覚として身に付けていってもらえればと思います。

裁量判断について

相場というものは、今回の動画でのトレードのように、ある程度のトレンドやレンジといったチャートパターンさえ理解してしまえば、それら状況に合わせたトレード手法を使用する事で、簡単に利益は積み上げられてしまうのが現実なのですが・・・・・

個人的にはこれを否定したい気持ちが強いです。

トレードにおける「エントリー」や「利益確定」といった裁量判断は、チャートパターンや資金管理であったり、日々のヘッドラインニュースなどを材料とした個々人の相場観を重視するものでなくてはならない。つまり、チャートだけを見てトレードするだけでもお金にはなりますが、そんなつまらない相場を何年も張り続ける事であなた満足できますか?という事です。

本来、相場は面白いものです。眠い目をこすりながら、歯を食いしばってチャートに噛り付くようなものではないのです。
海外FXふぁんくらぶのサポートプログラムは、サイトをご利用される全てのトレーダーの皆様に相場で利益を上げていただく事を目的に作成していきますが、同時に相場の魅力や面白さといった事も伝えていけたらとも考えております。

最後に

何故、裁量トレードを最初に取り扱う事になったのでしょうか?

トレード手法といっても様々で、大きく分けて、裁量トレード、システムトレード、アービトラージなどといったものがありますが、何故サポートプログラムの第一弾として裁量トレードを取り扱うのでしょうか?

はじめに裁量トレードを取り扱う理由は、「裁量トレードが最も簡単で万人向けな取引手法なので」、「裁量トレードが最も利益率の高い取引手法なので」といった事も挙げられますが、
最大の理由としては、まず裁量トレードを身に付ける事により、「チャートパターンやファンダメンタルといった相場観を養う事ができる」という点と、「トレンド相場やレンジ相場に機能する取引手法の違いなどを判別できるようになる」といった点が挙げられます。
それらは、後々システムトレードやコピートレードなどに取り組む時にも、相場状況によってシステムを変えて運用するといった事を可能としますし、コピートレードなどで、ポートフォリオを組んで運用する場合などにも役に立ちます。

今回の記事は本当に基礎の基礎といった内容になってしまいしましたが・・・

海外FXふぁんくらぶの理念は、当サイトをご利用の全てのトレーダーの皆さまに継続して利益を上げていただく事となっております。なので、それこそMT4やフォレックステスターの使い方、実戦的な資金管理方法から売買記録の書き方、ヘッドラインニュースの利用方法まで幅広く取り扱っていこうと考えております。

また、当サイトのリベートプログラムにはプロのトレーダーの方々も多数ご登録いただいておりますので、サポートプログラムといえど半端なものを提供してしまえば、プロの方々からの信用を失ってしまうという事にもなりかねません。
つまり、何がいいたいのかと言うと・・・・
今後もクオリティーの高い記事を提供出来るよう努力してまいりますので、どうぞ宜しく御贔屓にお願いいたします。
当サイトは、リベートプログラムへご登録されている方々の売買手法を覗くことはできません。あくまでサポートプログラムは自分たち個人のトレード経験に基づいて構成させていただいております。