NETELLER入金

<目次>
  1. NETELLER登録方法
  2. NETELLER本人確認
  3. NETELLER入金方法
  4. NETELLERカード(ATM出金)
  5. NETELLER出金方法

NETELLER(ネッテラー)へ入金するには?

口座開設が完了したら、まず入金しましょう。
入金をしていないと本人確認手続きや便利なカード作成ができません。
最初は少額でも良いので、入金してみることから始めてみましょう。

カード作成には13ドル(約1,300円)必要です。
為替の状況によって金額が変動しますので、
最初は2,000円~3,000円程度入金しておくとよいと思います。

ステップ1

それでは、口座画面左側のメニューから「入金」を選び、クリックしてください。

neteller入金開始

画面上に口座への入金方法がアイコンで表示されているのがお分かりかと思います。
入金方法は大きく分けて全部で4種類あります。利便性が高いものを選ぶのがベストです。

入金方法の種類

入金方法は下の画像の通り、アイコンで表示されています。
上段がクレジットカードからの入金、下段が主に現金での入金です。

NETELLER入金方法種類

なお、クレジットカードからの入金は原則使用しないようにしましょう。
日本からのクレジットカードからの入金は、エラーになる場合が多く報告されています。
日本では資金決済法という法律があり、クレジットカードからの現金化は厳しく規制されています。
仮にうまくいったとしても、現金化が目的であることがカード会社側に伝わるとそのカードは使用停止になる可能性が大です。
安全のためにも、現金での入金を最優先としましょう。

現金による入金方法は3種類用意されています。
それぞれの方法を下に比較してみました。

現金による入金方法の比較
国内振込 Quick transfer 海外送金
手数料無料 手数料1.0% 手数料無料
入金まで2~5営業日 1時間程度で口座に反映 入金まで2~5営業日
楽天銀行からなら国内手数料無料 取引ごとに毎回振込先が変わる 高額な海外送金手数料が別途必要

手数料重視なら、国内振込がよいでしょう。
スピード重視であればQuick transferを選びましょう。
海外送金は銀行で5,000円程度(三菱UFJ銀行の場合)の手数料が必要になります。
さらに為替変動も考慮しなければならないため、あまり現実的ではない手段になります。

以上の理由から、ここでは主に国内振込とQuick Bank transferについて解説します。

ステップ2:国内振込

1,口座からの入金

入金メニューの下段左側から銀行のマークが描かれたボタンをクリックします。

NETELLER銀行入金

入金金額を入力する画面がポップアップします。
入金したい金額を入力して「続行」をクリックしてください。
ちなみに、最低入金金額は3,000円からです。今回は例として3,000円で手続きを進めます。

NETELLER入金金額入力

次の画面では、入金金額が正しいか確認を求められます。
入金金額が問題なければ、「確認する」をクリックしてください。
もし、間違っていた場合は「変更する」をクリックして、最初からやり直してください。

neteller入金確認

「確認する」を押すと、次の画面で日本国内での振込先が表示されます。

netelelr振込先銀行表示

振込先として楽天銀行の口座が表示されます。
なお、振込先名義の「三崎商事」はNETELLERの日本での委託先になります。
また、口座番号や振込先名義は変更になる可能性がありますので、必ず入金手続きを実行するたびに確認してください。

楽天銀行同士なら振込手数料は無料です。
NETELLER用に楽天銀行の口座を一つ持っておくと便利です。

表示された振込先をメモしたら、「閉じる」ボタンを押しましょう。
あとは自分の銀行口座から、表示された国内振込先へ入金金額を振り込むだけでOKです。
その際、振込人名義は自分の名前では無く、NETELLERの口座番号を入力するのがルールです。
間違えないように気をつけましょう。

2,入金が完了するまで

NETELLER口座のメニューから「履歴」をクリックすると、取引履歴が参照できます。
国内振込での入金の場合、入金が完了するまで「保留」というステータスになっています。

neteller取引履歴

国内での振込が完了すると2~3営業日でNETELLERの口座へ入金され、ステータスに反映されます。
1週間振込がないと、手続きは自動的にキャンセルされます。忘れないようにすぐ手続きしましょう。

Quick Bank Transfer

すぐに入金したい場合は、Quick Bank Transferを選択しましょう。
入金メニュー下段の一番左のボタンです。

NETELLER_quickbanktransfer

国内振込と同じく、金額入力画面になります。

NETELLER金額入力クイックバンク

金額入力欄の下にある通り、Quick Bank Transferは手数料が1%必要です。
次の金額確認画面では、入力した入金金額と手数料が表示されています。

Quick Bank Transferでは、入金金額+手数料を振り込みましょう。

クイックバンク金額確認

金額に問題なければ、「確認する」ボタンをクリックしてください。
すると、新しいウィンドウで振込案内が表示されます。

ブラウザのポップアップブロック機能をあらかじめOFFにしておきましょう

クイックバンク振込先

照会番号と金額をメモしておきます。
この照会番号が間違っていると、Quick Bank Transferのメリットである即時入金ができません。
照会番号は間違えないようにしましょう。

画面を下へスクロールしていくと、振込先が表示されます。
現在はゆうちょ銀行の口座が設定されています。
こちらも今後口座番号や振込先が変わる可能性がありますので、利用するごとに必ずチェックしておきましょう。

表示された口座に入金すると、銀行の営業時間内(9:00~15:00)であれば、
1時間ほどで手数料が差し引かれた金額がNETELLER口座へ入金されます。

番外編:クレジットカードでの入金

クレジットカードでの入金は原則使用しないようにしましょう。

おまけとして、クレジットカードでの入金を説明します。
ただし、これはあくまで「やってみた」という話になります。
基本的にはクレジットカードからの入金は実行しないようにしましょう。

クレジットカードの選択

入金メニュー上段のアイコンから、VISAのマークかMasterCardのマークを選びます。
今回はVISAでチャレンジしてみます。

netellerクレジット入金

クレジットカードからの入金は手数料が1.9%必要です。

VISAのアイコンをクリックすると、早速金額入力画面になります。
クレジットカードでの最低入金金額は2,000円です。

NETELLERクレジットカード入力

次の画面でクレジット番号と有効期限、セキュリティーコード(クレジット裏面の3桁の数字)を入力してください。
入力できたら「続行」を押します。すると、クレジット認証中の画面が出ますのでしばらく待ちましょう。

ちなみに、クレジットカードで入金が完了すると、入金メニューアイコンにチェックマークが入ります。これは今回入力したクレジットカードで無事に入金ができたことを示しています。

他のクレジットカードでもチャレンジしてみましたが、手持ちのカードで認証できたのはVISAだけでした。
なお、認証できないクレジットカードで何度もチャレンジしているとNETELLERから登録電話番号宛に確認の電話が入ります。
電話に出ずにチャレンジしつづけると、NETELLER口座が凍結される可能性があります。

  1. 原則としてクレジットカードでの入金はしない
  2. 認証できないクレジットカードでのチャレンジを繰り返さない
  3. NETELLERからの電話には必ず出る

自分の口座を守るためにもこの3点を徹底しましょう。

入金ができたら次は、出金についての説明です。

<目次>
  1. NETELLER登録方法
  2. NETELLER本人確認
  3. NETELLER入金方法
  4. NETELLERカード(ATM出金)
  5. NETELLER出金方法




海外FXリベートキャッシュバック



海外FXふぁんくらぶの購読はFacebookページが便利です。



Twitter-RSSでも購読できます。

follow us in feedly   twitter




"目次"

リベートプログラム

お問い合わせ