fxnet18-1024x602

FxNetのスプレッドは広めですが、取引コストは・・・・

FxNetのスプレッドはもちろんですが、今回は、約定力や手数料込みで考えた場合のトータルの取引コストについて、口座別で比較し検討してみました。
通貨を取引する場合、取引枚数や取引手法によって適切な口座は違ってきますが、今回はその理由についても検証してみたいと思います。

FxNetスプレッドレポート

FxNetのスプレッド早見表

スタンダード口座 VIP口座 プラチナ口座
ユーロ/ドル 2.3 1.9 0
ドル/円 2.3 1.9 0
ポンド/ドル 2.4 2 0
オージー/ドル 2.5 2.1 0.1
ユーロ/ポンド 2.5 2.1 0.2
ユーロ/円 2.4 2 0
ポンド/円 3.1 2.7 0.6
プラチナ口座は手数料が別途、10万通貨往復取引につき12USD / 1250円かかります。

FxNetのリベートキャッシュバック(全通貨ペア共通)

スタンダード口座 0.75pips / 1万通貨往復取引毎
VIP口座 0.525pips / 1万通貨往復取引毎
プラチナ口座 0.375pips / 1万通貨往復取引毎
FxNetではリベートキャッシュバックを受ける口座へも入金ボーナスが付与されます。

FxNetリアルタイムスプレッド(プラチナ口座)

ヨーロッパ時間~ニューヨーク時間にスプレッドは狭くなっていく傾向にあるようです。

また週末のスプレッドは広がっています。

リアルタイムスプレッドが表示されない場合はこちらのサイトでご確認ください。

FxNetに関するビッグニュースが届きました。

93068353e0557dd382b4181fc6c58e1b

本日、日本時間午前1時ごろFxNetの担当者の方より、

「プラチナ口座とVIP口座の最低取引Lotが千通貨単位になる予定です。」と連絡を受けました。

もしこれが本当に実装されるのなら、完全にFxNetのプラチナ口座が他のFX会社に比べ頭ひとつスペックで抜ける事になります。
「何故?」と思う方も多いかもしれませんので順番に解説していきます。
2014年10月より、日本人サポートデスクの働きかけにより、VIP口座とプラチナ口座共に最低取引Lot単位が1000通貨単位に変更になりました。

1.FxNetは執行方式に少し特殊なSTP方式を採用しています。

FxNetの注文執行方式を簡単に解説すると・・・・

FxNetは、顧客の注文を一旦自社内で呑み、ある程度の注文が集まり次第、LPやカバー先の銀行へ注文を流し約定させる方式を採用しています。

この方式の優れている点、メリットは・・・

  • 自社内で一旦注文を呑む為、ECNより約定が速くスリッページが少ない。
  • 最終的に注文を外部へ流す為、不正な価格操作などがなく公正。

この方式の問題点、デメリットは・・・

  • 大きすぎる枚数では逆に約定が遅れてしまう。(1チケット200万通貨までに制限)
  • 大きな相場変動時には、約定力を確保する為、レバレッジ規制が行われる可能性。
  • FX会社自体がリスクを抱える為、取引コストは高めに設定されている。

つまり、FxNetのSTPとは・・・・

  • 200万通貨までなら、ECNより約定が速くスリッページが少ない。
  • 最終的に外部へ注文を流している為、不正な価格操作がない。
  • 現状、個人取引において公正で最速の取引執行方式。
現在では、XM.COMとFxNetがこの執行方式を採用しています。
PepperstoneのRazor口座などもECN取引を謳い人気ですが、実際のところ「よく滑る」という評判が多いです。現状、取引Lot数が多く、トレード経験も長い方はXM.COMやFxNet、FxProに集中しています。

2.プラチナ口座の実質スプレッド(取引コスト)は?

やはり気になるのは取引コストなのではないでしょうか?

プラチナ口座のスプレッドは、カバー先から提示されているレートをそのまま顧客に提示しています。そこに手数料である「1.2USD(125円)/1万通貨往復取引」上乗せされたものがFxNetの利益となっています。ちなみに、海外FXふぁんくらぶが提供しているFxNetのキャッシュバックは、プラチナ口座で0.375pipsとなっています。

つまり、FxNetプラチナ口座の実質取引コストは・・・

激狭スプレッド + 手数料 – 0.375pips となり、ユーロドルでいえば1pips程度でしょうか。

何よりもPepperstoneのRazor口座などで問題になっている「スリッページ」などが最少限に抑えられるというのが最大のメリットになります。

3.FxNetプラチナ口座の利用条件に革命

この約定力でこの取引コストを実現しているFX会社は他にはありません。

これまでは、プラチナ口座でトレードする為には、最低取引10万通貨という高いハードルがありましたが、今回の利用条件改定で一気に千通貨単位へ引き下げられました。

これも全てはFxNetの特別な日本語サポートデスクの成せる業です。

FxNetのサポートデスクの方が特別なのは、顧客の要望を汲みあげ、マネジメントへ掛け合い、どんどん日本人特例の取引条件を提供してくださるという事にもあるのですが、何より素晴らしいのは、サポートへ問合せた時の返信が、毎回のように誠意溢れる超長文メールで返ってくるというような、サポートの方自身のお人柄による部分が大きいです。

こちらにサポートデスクの方が運営されているブログを紹介しておきます。

公式ではないようですが、堅苦しくなく、自由に書いているので、読んでいて面白いです。

その他 FxNetの魅力まとめ

特別な入金ボーナスの付与条件

FxNetはリベート型キャッシュバックを利用するクライアントへも入金ボーナスを付与しています。XM.COMなどはリベート型キャッシュバックを受けるクライアントへの入金ボーナスの付与を禁止している為、これはFxNetにとって強力なアドバンテージになっています。

入出金手数料の補填

FxNetでは、NETELLERやクレジットカードでの入出金による手数料の補填を行っています。これは日本人限定のプロモーションになるので、入出金「無料」ではなく「補填」となっています。
Pepperstoneなどでは、NETELLERSkrillによる入出金に3%の手数料がかかってしまう事などを考えると、FxNetは優秀なのではないでしょうか。

資金の安全性

FxNetはユーロ加盟国のキプロスを拠点とする会社なので、ICF投資家補償基金に加盟しています。ICF投資家補償基金へ加盟しているFxNetの資金管理は、しっかりとした監査法人を介して分別保管されており、顧客資金を流用されてしまうといった危険性はまずありません。万が一FxNetが倒産した場合などでも、最大2万ユーロまでは確実に保障されています。

ICF投資家補償基金とは
「ユーロ加盟国であるキプロスやマルタに籍を置くFX会社は必ず加盟しなければいけない」とユーロ圏の法律で定められている信託保全のようなものになります。

FxNetキャッシュバック・おすすめキャンペーン比較

IB(Introducing Broker)について

FxNetでは広告業務の一部をIBへ委託しており、IBはFxNetからの広告料をトレーダーへ還元しています。国内業者と比較してスプレッドの広いFxNetですが、キャッシュバックIBを利用する事により、取引コストを国内業者と同程度まで抑える事が可能となり、資金効率が高くハイスペックな海外メジャーブローカーでのトレードが可能となります。

リベート率でキャンペーンを比較

スタンダード口座のキャッシュバック額を比較

IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
海外FXふぁんくらぶ 7.5pips/ Lot 実質:750円 / Lot
RoyalCashBack 5.0pips / Lot 実質:500円 / Lot
FinalCashBack 5.0pips / Lot 実質:500円 / Lot
CashBackVictory 取り扱いなし 実質:0円 / Lot
CashBackFOREX 取り扱いなし 実質:0円 / Lot
※pipsの計算はクロス円取引時のもので計算しています。
VIP口座のキャッシュバック額を比較
IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
海外FXふぁんくらぶ 5.25pips/ Lot 実質:525円 / Lot
RoyalCashBack 3.50pips/ Lot 実質:350円 / Lot
FinalCashBack 3.5pips/ Lot 実質:350円 / Lot
CashBackVictory 取り扱いなし 実質:0円 / Lot
CashBackFOREX 取り扱いなし 実質:0円 / Lot
プラチナ口座のキャッシュバック額を比較
IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
海外FXふぁんくらぶ 3.75pips/ Lot 実質:375円 / Lot
RoyalCashBack 2.5pip / Lot 実質:250円 / Lot
FinalCashBack 2.5pip / Lot 実質:250円 / Lot
CashBackVictory 取り扱いなし 実質:0円 / Lot
CashBackFOREX 取り扱いなし 実質:0円 / Lot

キャッシュバック出金スピード&手数料比較

出金可能な時期と手数料を比較

IB業者 手数料 最低出金額 出金可能時期
海外FXふぁんくらぶ 無料 1500円以上 取引1日後から出金可能
RoyalCashBack 500円 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 500円 5000円以上 翌月25日から出金可能
CashBackVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能
CashBackFOREX 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能

リベートプログラム

リベートプログラムご利用方法 海外fxふぁんくらぶリベートプログラム クライアントポータルログインボタン

各種マニュアル

海外fxふぁんくらぶ口座選択マニュアル NETELLERマニュアル

ブローカーレビュー目次

XM.COMレビュー目次 FxProレビュー目次 fxnetレビュー目次 
Axioryレビュー目次 TitanFXレビュー目次 Land-Fxレビュー目次 

FXDDレビュー目次 traders_trustレビュー目次