Pepperstone代替FX業者

Pepperstoneが日本在住者へのサービス提供を終了するようです。
オーストラリアは、完全に金融庁からのプレッシャーに屈してしまったようです。

Axitraderに続き、Pepperstoneまでも日本在住者へのサービス提供を停止するようです。
この分だとThinkForexやICMarketsなども時間の問題かもしれません。

これからはオーストラリアの低スプレッド業者は、MyfxMarketsのように、NZへ籍を移して活動していくのかもしれませんね。
新規口座開設者の受け付けは停止し、既存の日本在住のクライアントも、2014年12月31日以降はサービスの提供を停止するとの事です。

Pepperstoneをご利用の方へ
  • サーバー時間の2014年12月31日01:00(日本時間 8:00AM)の時点でのマーケットプライスで保有ポジションは強制決済となり、取引機能は無効となります。
  • リベートキャッシュバックは今まで通り問題なく発生しますが、12/31以降は海外在住の方のみのご利用になります。

Pepperstone今後の展開

ニュージーランドでライセンス取得

NZ_FMA

Pepperstone社はニュージーランドの金融市場庁(FMA)から金融サービス業のライセンスを2014年8月に正式に取得したようです。

これからPeppersotone社は、AxiTraderのMyfxMarketsと同じように、関連会社を作り、ニュージーランドの規制下で日本人向けのサービスを提供していく方針なのかもしれません。

日本でのライセンス取得に向けた動き

金融庁

金融庁のライセンス取得に向けても動いているそうですが、いつの話になるかはわかりません。

以前にIronFXなども同じような動きを見せた事がありますが、未だ日本でのライセンス取得に至っていないのが現状です。

Pepperstoneの代用海外FX会社

XM.COM

日本で特に人気のあるキプロスのメジャーブローカー

XMロゴ

Pepperstoneのように見せかけだけのスプレッドが狭いという業者ではありません。XM.COMの強みは約定力にあり、トータル取引コストで考える方への人気が特に高いブローカーになります。また日本語サーポートにも優れており、現在国内では最も人気のある海外FX会社になります。
XM.COMリベートキャッシュバック
全口座一律 0.75USD/1万通貨往復取引

FxNet

人気急上昇中のキプロスのマイナーブローカー筆頭

fxnetロゴアイキャッチ

まだ日本国内での認知度は低いですが、最近特に人気が上昇している業者になります。

最大の特徴は、約定力ですが、プラチナ口座に関しては、スプレッド0pips~というECN業者並みのスプレッドを提示しています。またリベートプログラムを受けているトレーダへの入金ボーナスの付与も行っています。

FxNetリベートキャッシュバック
スタンダード口座 0.75pips/1万通貨往復取引
VIP口座 0.525pips/1万通貨往復取引
プラチナ口座 0.375pips/1万通貨往復取引

MyfxMarkets

ニュージーランドのPepperstoneからの口座乗り換え本命ブローカー

myfxmarketsロゴアイキャッチ

PepperstoneはAxiTraderのホワイトラベルでしかありませんが、MyfxMarketsはAxiTraderが公式で日本人トレーダー向けに推奨しているNZ業者になります。

Pepperstoneが日本在住者の新規契約者を打ち切った今だから言えますが、MyfxMarketsは、約定力と取引コストにおいてPepperstoneなど問題にならない程に優秀な業者になります。

MyfxMarketsリベートキャッシュバック
Standard口座 0.45pips/1万通貨往復取引
Pro口座 0.15AUD/1万通貨往復取引

FxPro

キプロスに拠点を置く世界最高のブローカー

fxpro_logo

FxProは、事実として現在世界No1FX会社ですが、日本での人気はいまひとつなのが現状です。

金融庁のレバレッジ規制の折、一時日本から撤退していた事が人気の出ない原因かもしれませんが、スプレッド偏重主義の国内ではFxProの魅力が十分に浸透していないという事も原因のひとつではないかと思われます。

FxProリベートキャッシュバック
メジャー通貨ペア 0.375USD / 1万通貨取引毎
マイナー通貨ペア 0.525USD / 1万通貨取引毎
SuperTrader口座 0.175USD / 1万通貨取引毎

Pepperstoneからの通知抜粋

日本在住のお客様へ重要なお知らせ
ここ数ケ月、Pepperstoneではオーストラリア証券投資委員会(ASIC)と蜜接に協議を行い、特に日本在住のお客様へのサービス提供に係る弊社の規定について話し合いを進めてまいりました。
現在、Pepperstoneでは、日本の第一種金融商品取引業者としての許認可を取得していないため、同許認可を取得するまでの間、日本在住のお客様へサービス提供を行うことが適切ではないとの決定に至りました。
上記決定を受け、本日2014年10月2日(木)以降、日本在住のお客様からの新規口座開設をお受けすることが出来なくなりました。また、既存のお客様に関しましては、2014年12月31日(水)までお取引を続けて頂くことは可能ですが、12月31日の全ポジション決済・口座閉鎖に向けて保有ポジションの管理を行って頂きますようお願い致します。なお、こちらの決定は、日本在住のお客様のみ対象となります。

2014年5月より、日本金融庁、豪証券投資委員会、豪FXブローカーによる日本居住者の受け入れを禁止する」との噂はありましたが、Pepperstone側は否定していました。
Pepperstoneが今回の決定に至ったという事は、今後もオーストラリアブローカーで同様な動きの広がりが予想されます。