キャッシュバック支払い完了

キャッシュバックお支払いに関して

9月お取り引き分のキャッシュバックのお支払いが完了いたしました。

キャッシュバックをお支払いした方へはご連絡させていただきましたが、8月にお取引をされたにも関わらずキャッシュバックを受けられてないという方がおられましたらご一報ください。また、明細書やキャッシュバック額にご不明点や、間違っている点などございましたらご連絡お願い申し上げます。

その他キャッシュバックについて
  • ご登録されずにお取引きをされている方が数名みえます。
    お心当たりのある方は、当サイトの口座認証ページよりご登録ください。
  • 明細書をお送りしましたが、メールの届かない方もみえました。
    キャッシュバックは振り込まれたのに、明細が届かないという方はご連絡ください。

その他の連絡事項

ログインシステムについて

以前より連絡していた「1日毎にキャッシュバック額を確認できるシステム」の提供を開始する為、17日~20日の間サイト上でテストを行う予定です。
サイトメニューに「クライアントログイン」という項目が追加されますが、ログインはまだ出来ませんのでご注意ください。

βテスト開始できる段階になりましたら、一斉にログインIDとパスワードをメールにてお送りいたします。

XM.COM ZERO口座について

XMロゴ

XM.COMにてECN口座がスタートしました。

XM.COM ZERO口座のリベート率は0.375USD/1万USD往復取引毎となります。

ただXM.COMのECN口座に関しては、XM.COMは元々ECN業者ではありませんので、当サイトとしては少し様子を見たいと思います。
元々ECN業者ではない業者がECN取引を始める場合、約定力などがしっかりしているかが問題となり、もしスリッページが大きくなるようでしたら狭いスプレッドも意味のないものとなってしまうので・・・変動の小さな相場での約定力では問題ないとは思いますが、雇用統計やFOMCなどの変動の大きな相場での約定力はしばらく観察してみないとわかりません。
XM側からはZERO口座を取り扱うよう言われておりますので取扱いは致しますが、XM.COMのECN口座に関しては未知の部分が大きいという事だけご了承ください。

XM.COM ZERO口座スペックレポート(従来口座との比較)

FxNetの最低取引ロットが引き下げられました

fxnetロゴアイキャッチ

以前より告知していたFxNetの最低取引Lotが引き下げられましたのでご連絡です。

変更内容
VIP口座とプラチナ口座が1000通貨からの取引が可能となりました。

特にプラチナ口座はカバー先から提示されている価格に手数料を上乗せしただけの口座になりますので、最低入金額は10万円となり他の口座より少しだけ条件は高めですが、執行方式もECNではなくSTPなので約定力も折り紙つきです。

FxNetプラチナ口座のリベート率は0.375pipsとなります。

FxProのマージンコールとロスカットルール変更

fxpro_logo

2014年10月20日より、MT4のマージンコールとストップアウトレベルが変更になります。

変更内容
  • FxProの裁量により25%のマージンレベルで最も利益のないものからポジションをクローズし始めます。
  • マージンレベルが20%の時に、最も利益のないものから自動的に実勢価格でポジションをクローズし始めます。
ロスカットに関してはデリケートな問題になりますので、上記変更に関して質問等ある場合は、直接FxProへお問い合わせください。
FxPro連絡先や連絡方法などの情報はこちらのページでご確認ください。

最近のニュース

FXDDが資本不足で罰金

FXDDロゴ小

資金不足と資金の流用

昨年米当局は、FXDDが一時750万ドル以上の資本不足になっていた事を発表しました。昨年9月、CFTCはこの資本不足の件に対し、FXDDが2010年11月から2012年12月までの間の18ヵ月で必要調整済み純資本をを維持できていなかったとして罰金を課した模様です。また顧客資金の流用も見つかり、FXDDには罰金とペナルティが課されたようです。

Spotware Systems社がcTraderに新しいロスカット機能を導入しました。

ctrader画像

cTreaderに新機能「Fair Stop Out」。

この機能は、ポジションの利益率に基づくというよりも、証拠金使用状況順にロスカットしていく仕組みだそうです。つまり最も大きい証拠金を使用しているポジションが最初に決済される仕組みです。

この仕組みはポジションの損益に基づかず、利用可能な証拠金を確保する事に焦点を当てている為、既存ポジションの存続性を延ばすというメリットがあります。
ロスカットはトレーダーにとって嬉しいものではないですが・・・両建てやポジションの持ち直しの際にロスカットされてしまうというトラブルを避けるという意味では良い仕組みなのではないでしょうか。

メタクオーツ社がMT4ビルド711バージョンをリリース

MT4ビルド711

注目はビルド711のシグナルサービス

今回のビルド711は、旧バージョンのバグ修正と、ストラテジーテスター、メタエディタ、MQL4言語、ニュースタブと取引ターミナルなどの微調整を行った模様です。

中でも注目すべきアップデートはMT4の売買シグナルサービスで、ビルド711ではデザイン性と使いやすさが大幅に向上しました。
また折を見て詳細を記事にしていこうと思います。
by HIDEHITO ITO on October 17, 2014