アイキャッチドル建て口座

今回は、何故ドル建ての口座を持つのか。またドル建ての口座を持つメリットについて書いていこうと思います。

米ドル建ての口座を運用するメリットとは

円は資金調達通貨へ・・・キャリートレードは復活するのでしょうか?

先日、米FOMCが量的緩和縮小(テーパリング開始)を発表しました。
つまり、米は景気が良いのでインフレを抑える為に通貨の供給量を減らそうとしています。
反面、日本はデフレ脱却を掲げアベノミクスや日銀無限緩和などでインフレ政策をとっています。つまり通貨の供給量を増やし通貨の価値を下げようとしています。
“通貨の価値を下げようとがんばっている日本”と”通貨の価値を上げようとがんばってる米”。
最近の円安USD高の流れは当然のものなのでしょう。さらに米の景気回復がこのまま続けば過剰なインフレを抑制する為に必ず金利を上げてきます。
米金利が上がれば当然米ドルは買われます。
つまり、今後もこの米景気回復の流れが続くのならば、円安ドル高の流れは腰折れる事は無いのかもしれません。
ちなみに今のユーロはデフレ通貨なのでしっかり買われております。少し前の日本と同じ状況ですね。

「外貨預金の運用利回りは全て同一」という暴論は理論として成立します。

「今が外貨預金のチャンスですよ」みたいな事を書きましたが、円売りや外貨預金を煽ろうなんて気は全くありません。
外貨預金というものは、云わば、「基本円高にあるトレンド中で、いかに円安トレンドを捉えるか?という賭け」なのですが、ずっと円安になり続ける事は理論的にもありえませんので、外貨預金自体が長期のスイングトレードという事になります。

昔を思い出してもそうなのですが。
日米金利差が5%以上あった時期なども、円資金が全て米ドルへ流れるなんて事は起こりませんでした。それは将来的に見て円高になる可能性が高いからというのもあるのですが・・・
つまり、何を言いたいのかと言うと、
金利が高いという事は物価が高いという事です。インフレが進みすぎると通貨の価値は安くなっていき、逆の理由でデフレが進みすぎると通貨の価値は高くなっていきます。
例を挙げれば、不況でみんながモノを買わなくなると、余ったモノは輸出するしかなくなるので貿易黒字が貯まります。貿易黒字によって貯めこまれた外貨は自国通貨に変えられるので自国通貨高がすすむとういう理屈です。

つまり結局は「高金利通貨での預金も、低金利通貨での預金も、為替差損を加えた運用利回りは同じ」という理論が成立します。

そこで何故、海外FX会社に米ドル建て口座を開くのか?という事をあらためて考えてみましょう。
上記の理由から、円預金と米ドル預金の利回りが長期的に見て同じになるという理論が成立するのなら、「運用パフォーマンスを決めるのは投資対象になる」という事が見えてきます。

つまり「株式、債権、ファンド、世界中から優れた投資対象を探し出す事こそが、資産運用に成功する道となる」という目線が生まれてきます。

よって、米ドル建て口座を持ち、海外のFX会社でトレードするという事は、将来的に世界中の優れた投資対象へ投資する為の入り口となります。

もちろん米ドル建て口座を持つという事は、為替差損も大切ですが、それ以上に、FXの投機家が、投資というものの本質に目を向けるチャンスなのではと思います。

それに、優れたコピートレード、マネージドアカウントなども米ドル建ての口座でしか行えない場合が多々ありますし、米ドル預金を持っていれば、ネットの買い物や海外旅行のホテル予約など、いろいろと活用できるので便利です。
為替リスクはありますが、資産の一部を米ドル建てで持っておく事にはメリットがあります。