ifcMarkets_logo

IFC Marketsは、スイスの著名銀行グループが運営する海外FX業者で、IFCM Groupホールディングという大きな金融グループの構成企業のひとつとなっております。
最大の特徴は、総合的な金融機関の運営とゆう事と、保証金に対して年間2%の金利が無条件で貰えるとゆう点にあります。

FX以外のCFDなどに興味がある方は、1つの業者で複数の投資対象を一元管理できますし、スワップ等を狙ってポジションを長期保有する方には、無条件で貰える年間2%の金利は魅力的です。

ただ、IFC Marketsは短期トレードには向かないかもしれません。IFC Markets場合、サーバーが不安定な事もその理由として挙げられますが、元々短期のトレーダーを相手にしていない感じも見受けられます。
IFC Marketsはもちろん、円建て口座を用意していますので、もし日本国内の銀行に低い金利で寝かせてあるお金をお持ちなら、無条件で年利2%貰えるIFC Marketsでポートフォリオを組んで運用してみてはいかがでしょう。

IFC Marketsキャッシュバックキャンペーンまとめ

海外FXお役立ちガイド経由の口座開設

5万円以上入金&1万通貨取引で5000円のキャッシュバック。
海外FXお役立ちガイド【 IFC Markets 】
※リンクをクリックして申し込むと上記キャンペーンが適用されます。

ピップバック業者経由の口座開設

各ピップバック業者別に特徴とリベート率を掲載しました

ファイナルキャッシュバック
リベート率:10万通貨につき$2.00 (推奨) 詳細はホームページにて
ロイヤルキャッシュバック
リベート率:10万通貨につき$4.60 (推奨) 詳細はホームページにて

IFC Marketsを簡単にショートレビュー

IFC Marketsスペック早見表

会社 Pepperstone 拠点は英国領ヴァージン島
日本語サポート 日本語サポート有り
最少取引単位 100通貨単位~(Beginner)
1万通貨単位から(Standard)
最低入金額 $1~(Beginner口座、電子マネーで入金の場合)
$100(Beginner口座でクレジットカードご使用の場合)
$200(Standard口座)
最大レバレッジ 400倍
特徴 長期保有を前提とした”投資”に特化した業者

IFC Marketsは、取扱い商品のラインナップの多さが魅力となっており、独自ツールを使いポートフォリオを作り、長期保有を前提とした投資を行うのがこの業者を使う上での醍醐味となります。特に普段ハイレバレッジでトレード可能な海外FX業者をお使いの方なら、普段のトレードで使わない余剰資金を入れて運用してみるのもいいかもしれません。IFC Marketsなら円建て口座で年率2%の金利が無条件で貰えますので、余剰資金の運用先業者として口座を開いておいて損はありませんし、短期でのトレードではなく、ポートフォリオを組んだ長期投資をしたいという方には最適な業者だと思われます。

GeWorko ポートフォリオ分析法

IFC Marketsの強みとして、バックボーンとなる会社の強さを生かした商品ラインナップの多さが挙げられます。更にIFC Marketsには、それらの商品を一括管理し、最適なポートフォリオを組む事が出来るツールが用意されています。

動画は英語ですが、簡単にダウンロード出来ますので一度使い勝手などをお試しください。
GeWorko ポートフォリオ分析法詳細

年間2%の金利を円口座に付与する業者は貴重です

IFC Marketsには円建て口座が用意されておりますので、国内の銀行に預金するのと同じ感覚で資金を預ける事が出来ます。またスワップ等を狙いポジションを長期保有する方や外貨預金などをご検討の方にとっても、保証金に対して年間2%の金利は美味しいのではないでしょうか。

IFC Marketsの健全性

海外FX業者は日本の監督官庁下にないため、健全性や安全性を別途確認する必要があります。そのチェック基準となるのが、どこの登録機関に籍があるかなのですが・・・・・例えば米国商品先物取引委員会(CFTC)および全米先物協会 (NFA)などは基準が厳しいので、ここに登録されているFXDD、FXCMなどは信頼できます。
IFC Marketsは英国領ヴァージン島に有限会社登録し、ライセンスはBVI FSCのライセンス(No.SIBA/L/14/1073)を保有しているようです。運営している金融機関の実績もあるため、信託保全も100万ユーロまでと桁が違っております。ただこれが信託保全なのかはもう少し調べてみないとわかりません。

日本語サポート

IFC Marketsに在籍している日本人サポーターの数は少ないです。日本語の公式サイトはかなり丁寧な日本語で書かれておりますが、サポートに関しては十分ではないと言えるかもしれません。
十分ではないと言っても、他の業者の様にいつでもチャット出来るような体制にないと言うだけで、メール、チャット、コールバック、全てに日本語サポートはされるようです。

IFC Marketsのスプレッド/入出金に関して

IFC Marketsのスプレッドは固定で、広めとなっております。
例)USD/JPY 3 pips EUR/USD 2 pips EUR/GBP 2 pips
入出金に関しては、クレジットカード、電子マネー、銀行送金に対応しており、$1000以上の入金の場合、為替手数料はIFCM負担/$10000以上の出金の場合、為替手数料IFCM負担となっております。