海外FX業者入出金ルール

海外FX業者の入出金ルールについて

入金方法と同じ方法で出金しましょう

海外FX業者は、日本のFX業者と比べると、ほとんどの業者が豊富な決済方法を提供しているが、多様な決済手段を提供している分、入出金には一定のルールがあり、そのルールに則って口座管理を行う必要がある。
海外FX業者の自分の口座に資金を送金し、取引を行い、トレードで得た資金を引き出す場合、送金した方法と同様の引出(出金)手段により払い戻しを受けなければならない。例えば、お客が日本の銀行を使って、海外送金により海外FX業者の口座に入金した場合、出金の際も、日本の銀行口座あてに払い戻しを受けなければならないと言うことになる。
但し、お客の名義の国内銀行口座であれば、入金時と出金時の金融機関が異なる場合も、受け付けられる。
(例: 入金時 楽天銀行 、出金時 ゆうちょ銀行)

つまり、クレジットカードや、Paypalで入金した資金を、銀行口座に払い戻しを受けることは出来ないと言うことになる。これは、世界的にマネー・ローンダリングを防止するため、入金口座と送金口座の名義の整合性を求められていることと、クレジットカードの、キャッシュアドバンス(クレジットカードのショッピング枠の現金化)を防止する目的からって事らしい。

クレジットカードの場合は?

クレジットカードで入金した場合は、多くは最初に入金した資金分までは、同様のクレジットカードに対して払い戻しを(返金処理)を行い、それを上回る払い戻しについては、銀行などの金融機関への払い戻しを認めている場合が多い。
詳しくは、個別のFX業者の入出金条件をご確認しればOK。

海外FX業者への主な入出金方法

クレジットカード

VISA,Master,JCBなど、日本のクレジットカードが使えます。

国内銀行送金

三菱東京UFJや三井住友銀行等の国内銀行を利用します。
ドル建て口座へ入金の場合、日本のFX業者で両替→国内銀行ドル建て口座→ネッテラー→海外業者と利用すれば、大口送金の場合の為替手数料を大幅に削減可能。

デビットカード

VISA,Masterが発行する、デポジット式カードです。

海外銀行送金

海外の銀行を利用します。

PayPal (ペイパル)

PayPalは、世界中で利用されている電子決済システムです。

moneybookers (マネーブッカーズ)

Eメールで資金の送受信ができる決済方法です。

NETELLER(ネッテラー)

Netellerは、電子決済とATMカードによる決済システムです。

小切手

銀行の発行する小切手を送付し入出金する方法です。