ICMarkets口座開設最近、やっと日本語サポートを導入し、日本人にも取引しやすくなった新進気鋭の最強スプレッド海外FX業者【ICMarkets】。

残念ながら、日本でその伝説的な評判は全く話題になっておりません。

話題になるどころか、自分の提携している業者の為に、ライバル業者であるICMarketsを叩くステマサイトまで出てきています。(涙)

ICMarketsは素晴らしい業者なのですが・・・・、顧客を増やそうと宣伝する気がないのでは?と思えるほどプロモーションに力を入れておりません。とゆうか、プロモーションに回すお金があるなら少しでも顧客に還元して、純粋に優良ブローカーになる事のみを目指しているようです・・・でも・・それって会社としてどーなんでしょうね?・・・少し迷走してる感があるのですが・・・さすがオーストラリアと言ったところですね。のんびりしてます。

少しストイックすぎるICMarketsなのですが、FX業者としての実力なら間違いなく世界最強クラスと言い切ってしまって問題ありません。ブローカーとしての評判はFOREX PIEACE ARMYとゆう有名な海外FXフォーラムが示す通り、間違いのない優良業者なのですが、日本語サポートの質や、宣伝に費用をかけない体質からか、日本では全く無名の業者に成り下がってしまっているのが現状です。(涙)

今回はICMaraketsについて少しでも知ってもらおうと記事をまとめました。これを機会にICMarketsってどんな業者なの?と興味を持ってもらえると嬉しいです。

ICMarketsキャッシュバックキャンペーンまとめ

海外FXふぁんくらぶキャッシュバックプログラム

MT4スタンダード口座 / 1万通貨取引毎に0.30pips相当をキャッシュバック
MT4 TrueECN口座 / 10万通貨取引毎に1.5AUD相当をキャッシュバック
cTrader ECN口座 / 10万通貨取引毎に0.35AUD相当をキャッシュバック

他サイト比較

・海外FXふぁんくらぶ : 0.30pips/$1.50/$0.35
・ファイナルキャッシュバック : 0.20pips/$0.50/20%
・FXロイヤルキャッシュバック : 提携無し

当サイトはアフィリエイターへ報酬を還元しない分、キャッシュバック額が高額になります。

詳細はこちらをご覧下さい。
海外FXふぁんくらぶキャッシュバックプログラムご利用方法


ICMarketsスペック早見表

ICMarketsショートレビュー

会社 AXITRADER オーストラリアの新進気鋭業者
日本語サポート 日本語サポート有り
最少取引単位 1000通貨単位
最低入金額 $200
最大レバレッジ 500倍
特徴 ECN口座はマイナススプレッド有り PAMM口座も有名

ICMarketsはオーストラリアの新進気鋭FX業者。
最大の特徴は、その極狭スプレッド(マイナススプレッドまである)のSTP/ECN口座。
業者のスペックは国内業者とは比較になりません。繰り返します、そのスペックは国内業者とは比較になりません。

ネット上では、注文が滑るとか、日本語サポートが良くないとか、自分の提携業者へ利益を誘導する為、悪い評判を立てる人たちもいます。
しかし、海外でのICMarketsの評判は本当に良いものなのです。

結局、ネット上の評判は、ステマだらけで信用できないものがあります。
なので、ICMarketsの実力は、是非、自分自身の目で見て確かめてほしいと願います。

ICMarketsの口座は3タイプ

口座の種類はMT4 Standard口座、MT4 TrueECN口座、CTraderECN口座の3種類です。
もちろん、スキャルピングにも自動売買にも制限はありません。

MT4 StandardAcc口座

取引プラットフォームはMT4、スプレッド普通。手数料無し、1万通貨から取引可能。
通常のMT4口座です。

MT4 TrueECN口座

取引プラットフォームはMT4、スプレッド極狭、手数料1万通貨につき0.35AUD~(通貨ペアにより異なります)、千通貨から取引可能。
ゼロスプレッドECN口座です。

CTraderECN口座

プラットフォームはCTrader、スプレッド極狭、手数料3.5AUD~、千通貨から取引可能
話題のCTraderを使ったECN口座です。

口座タイプまとめ

いづれの口座も自動売買、スキャルピング可能です。
一般のトレーダーにおすすめなのはMT4 TrueECN口座になります。

ICMarkets口座別スプレッド詳細(公式)

日本語サポートについて

最近、やっとICMarketsに日本語サポートが入りました。
現在、日本からの口座開設者が少ない為、日本人のサポーターはおりませんが、日本語サポートへ電話すると変な発音の日本語を話す女性が一生懸命に対応してくれます。
現在、彼女は光の速さで日本語力をアップさせています。生あたたかい目で見守ってやってください。
時々「私のメールアドレスを教えましょうか?」と意味深な事を聞いてきますが、聞いても日本語サポートのアドレスを教えてくれるだけです。

問合せ方法について

電話による問合せ

グローバルダイヤル電話番号 +61 (0)2 8014 4280 日本時間8:00~17:00

日本からだと国際電話になりますので、かける際は電話番号の()内の0を抜いてダイヤルして下さい。

(例)国内からau携帯電話使用の場合 【010 61 2 8014 4280】

最初は英語でどこの国の人か聞いてくるので、ジャパニーズと一言伝えて下さい。

メールによる問合せ

日本語専用メールアドレス support.jp☆icmarkets.com ☆を@に変えて下さい。

メールの文章は、砕けた感じで大丈夫です。

チャットによる問合せ

チャットは日本語を理解できるサポーターに当たるかどうかはわかりません。
しかし、今の時代、ブラウザをGoogleChromeしておけば、簡単な会話なら成立します。

チャットが立ち上がったら、
I am Japanese. Use Google Translate Please.(私は日本人。グーグル翻訳使って下さい。)と打ち込めむだけで、その後の会話はなんとなく成立します。

まとめ

オーストラリア業者では、Pepperstoneが何故か日本で人気があるようですが、提供しているトレード環境だけで言えば、ICMarketsの方が強いと思われます。
入金ボーナスやキャッシュバックなど、どちらかと言うとトレードに関係の無いプロモーションに力を入れる気が全くないのも好感がもてます。

キャッシュバックについて

海外FX業者特有のIntroducing Brokers(IB)制度

海外のFX業者は業務の一部をIB会社へ委託する報酬として、取引にかかる手数料の一部をIB会社へ支払っています。それらのIB会社は更に報酬の一部を顧客へ還元している場合が多く、海外のFX業者を使用する場合、同時にIB会社選びも重要になってきます。もちろん自分自身がIBとなれば報酬は100%自分に還元されます。ブローカーも随時IBを募集しています。しかし、日本では金融庁からのプレッシャーもあり、日本居住者には敷居が高い制度となっております。なので、自分がIBとなり報酬の100%を受け取るのも良いのですが、手間と労力とリスクを考えると、現状ではIB会社と契約し、キャッシュバックを受け取るのが賢い選択だと思います。

当サイトは、大手IB業者とは違い、アフィリエイターへの利益還元を行っておりません。
ICMarketsに関しても、相当のキャッシュバックをご用意しております。

興味のある方は是非一度御覧になって下さい。
海外FXふぁんくらぶキャッシュバックプログラムご利用方法