TitanFX(タイタンFX)キャッシュバックリベートプログラム

最高リベート率保証・取引翌日に出金可能・CB出金手数料「無料」
決済は外部委託&自社ダークプール内マリー。Pepperstone移籍組の力で日本国内でのプロモーションに成功しているブローカーといった印象です。
This website is operated by kaigai fx fanclub

キャッシュバック口座開設

リベート率が他社より低い場合は引き上げます。

TitanFXリベート率

スタンダード口座
1000通貨単位でキャッシュバック計算
0.336pips/往復取引毎
ブレード口座
1000通貨単位でキャッシュバック計算
0.8USD/lot

キャッシュバック口座作成手順

  1. 指定リンクよりTitanFX口座を開設
  2. クライアントポータルへ口座番号を登録
  3. お取引される度、キャッシュバックが発生

口座開設-指定リンク-

追加口座/IB乗換えについて

口座開設時「TaitanFXについてどちらからお知りになりましたか」という項目には、必ず「海外FXふぁんくらぶ」と記載してください。もしもサポートに海外FXふぁんくらぶへIBを乗り換える理由を聞かれた場合は「海外FXふぁんくらぶEAを利用希望」とお答えください。
追加口座開設マニュアル

リベート率引き上げについて

弊社リベート率が、他社IBより低い場合には、リベート率を引き上げさせていただきます。リベート率引き上げを希望される方は、下記よりご登録メールアドレス、他社サイトリンクをお知らせいただければ、すぐに対応させいただきます。
リベート率引き上げ

ご利用方法について

「リベートプログラム」のご利用方法について、キャッシュバック口座登録方法・出金方法・各社キャッシュバックデータアップロード時期などについては、下記ページよりご確認ください。
ご利用方法

各種マニュアル

備考・規約

  • リベートプログラム利用の場合、ブレード口座よりスタンダード口座の方が実質コストは低く抑えられます。
  • 通貨を取引された場合、原則全てのお取引においてキャッシュバックリベートは発生します。
  • 原油、貴金属、インデックス等の取引には、キャッシュバックリベートは発生しません。
  • キャッシュバックは1000通貨単位のお取引から発生しポータルへ計上されていきます。
  • 海外FXふぁんくらぶは、スプレッドを広げるマークアップなどは行っていません。
  • ロスカットされたお取引きに対しても、リベートは問題なく発生します。
  • 2016年10月1日より、NETELLER、Skrillによる入出金は不可となりました。
  • 未使用証拠金には金利はつきません。
  • アメリカ在住の方はTitanFXでの口座開設は不可となります。

TitanFXカスタマーサポート

ライブチャット

Eメール

電話

コールバック

コールバックは、ライブチャットかEメールより、電話番号、希望時間を明記の上リクエスト下さい。

TitanFX基本スペック早見表

会社 会社名:Titan FX Limited 拠点:ニュージーランド
ライセンス
  • New Zealand Financial Service Providers Register No.FSP388647
  • St. Vincent and the Grenadines IBC No.2933­IBC­2015
信託保全等 分別保管のみ(信託保全なし)
日本語サポート 日本語スタッフ複数名在籍 公式サイト>TitanFXサポート
追加証拠金 追証請求なし(ゼロカット)
入金方法 クレジット/デビットカード、国内銀行送金、海外電信送金、ビットコイン、mybitwallet 公式:入金方法
出金方法 クレジット/デビットカード、国内銀行送金、海外電信送金、ビットコイン、mybitwallet 公式:出金方法
取引サーバ位置 ニューヨーク
最適VPS エクイニクスNY4(Beeks Financial Cloud

TitanFX口座タイプ別スペック

スタンダード口座

取引ソフト MT4(mac,iPhone,android,iPad,WebTraderに対応)
スプレッド 最少1pips~ 公式:スプレッド
約定方式 マーケット決済(スリッページ有)
取引手数料 無料
取扱商品 通貨FX、CFD(株式指数、エネルギー、貴金属)
公式:CFD銘柄
円建て口座 円建て口座有り
レバレッジ 最大500倍
最小入金額 30USD
最小取引ロット 1000通貨単位
最大取引ロット 1000万通貨
保有可能ポジション数 200ポジション(予約注文含む)
取引制限 両建て、スキャルピング、EA使用、全て可能
マージンコール 証拠金維持率90%以下 
ロスカット 証拠金維持率20%以下 
イスラム口座 イスラム教徒を証明する書類があれば、スワップフリーのイスラム口座を開設可能(アドミニ手数料有)公式:イスラム口座
MT4最低指値幅 0

ブレード口座

取引ソフト MT4(mac,iPhone,android,iPad,WebTraderに対応)
スプレッド 公式:ECNスプレッド
約定方式 ECN決済(スリッページ有)
取引手数料 片道0.35USD/1万通貨取引毎
取扱商品 通貨FX、CFD(株式指数、エネルギー、貴金属)
公式:CFD銘柄
円建て口座 円建て口座有り
レバレッジ 最大500倍
最小入金額 30USD
最小取引ロット 1000通貨単位
最大取引ロット 1000万通貨
保有可能ポジション数 200ポジション(予約注文含む)
取引制限 両建て、スキャルピング、EA使用、全て可能
マージンコール 証拠金維持率90%以下 
ロスカット 証拠金維持率20%以下 
イスラム口座 イスラム教徒を証明する書類があれば、スワップフリーのイスラム口座を開設可能(アドミニ手数料有)公式:イスラム口座
MT4最低指値幅 0

TitanFX入出金について

入金方法まとめ

手数料 口座反映まで
国内銀行送金 国内銀行への振込手数料* 1営業時間
クレジット/デビットカード 無料 30分〜1営業時間
ビットコイン(停止中) 無料 承認確認次第即時反映
mybitwallet 無料 処理次第即時反映
  • 国内銀行から5万円未満の入金の場合、入金時に手数料1,000円が差し引かれます。

出金方法まとめ

手数料 口座反映まで
銀行・電信送金 1700円 1営業日で処理(2-5営業日で着金)
国内銀行送金(停止中) 1% 1-2営業日で処理)
クレジットカード 無料 1営業日で処理
ビットコイン(停止中) 1% 1営業日以内
mybitwallet 無料 処理次第即時反映
  • 取引をせずに出金する場合、入金証明書や出金理由が求められることがあります。
  • カード入金から60日以内に出金する場合:入金分はクレジットカードで、利益分は銀行送金、マイビットウォレットでの出金となります。
  • カード入金後60日以降に出金する場合:銀行送金、マイビットウォレットへの出金が可能です。
  • ビットコインによる入出金、国内銀行への出金は取扱いを停止しています。

TitanFXスプレッド比較

スタンダード口座:スプレッド/実質コスト

通貨ペア 平均スプレッド 実質取引コスト
米ドル/円 1.35 pips 1.03 pips
ユーロ/円 1.6 pips 1.28 pips
ポンド/円 1.8 pips 1.48 pips
豪ドル/円 0.7 pips 0.38 pips
ユーロ/ドル 1.15 pips 0.83 pips
ポンド/ドル 1.6 pips 1.28 pips
豪ドル/ドル 0.4 pips 0.08 pips

ブレード口座:スプレッド/実質コスト

通貨ペア 平均スプレッド 実質取引コスト
米ドル/円 0.35 pips 1.1 pips
ユーロ/円 0.7 pips 1.45 pips
ポンド/円 0.9 pips 1.65 pips
豪ドル/円 1.6 pips 2.35 pips
ユーロ/ドル 0.55 pips 1.175 pips
ポンド/ドル 0.6 pips 1.225 pips
豪ドル/ドル 1.45 pips 2.075 pips
  • ブレード口座の手数料は1ロットあたり片道3.5USDです。
  • 実質取引コストは1USD=120円で、リベートキャッシュバック、手数料を考慮して計算しています。

備考・規約

  • リベートプログラム利用の場合、ブレード口座よりスタンダード口座の方が実質コストは低く抑えられます。
  • 通貨を取引された場合、原則全てのお取引においてキャッシュバックリベートは発生します。
  • 原油、貴金属、インデックス等の取引には、キャッシュバックリベートは発生しません。
  • キャッシュバックは1000通貨単位のお取引から発生しポータルへ計上されていきます。
  • 海外FXふぁんくらぶは、スプレッドを広げるマークアップなどは行っていません。
  • ロスカットされたお取引きに対しても、リベートは問題なく発生します。
  • 2016年10月1日より、NETELLER、Skrillによる入出金は不可となりました。
  • 未使用証拠金には金利はつきません。
  • アメリカ在住の方はTitanFXでの口座開設は不可となります。

TitanFX特徴や評判など

TitanFXの印象について

Pepperstoneの日本向けマーケティング部門が丸ごと移籍したというTaitanFXですが、Pepperstone時代から続くプロモーション力は健在で、これまで順調に日本での顧客数を伸ばしてきています。ただ冷静にスペックを比較すると、ネット上でベタ褒めされているようなスペックではないように思われますので、いつも通り宣伝抜きでTitanFXについてレビューしていきたいと思います。

約定力について

TitanFXの掲げるZeroPointでは、まるでTitanFXが、リクイディティソースから直接価格を取得しているマーケットメーカーのように紹介されていますが・・・ ちょっと過剰広告ではないかと思われるので訂正していきます。
TitanFXは、リクイディティソース直通の決済機能を有した大手ではなく、外部へ決済を委託している小規模ブローカーです。
元々PepperstoneがAxiTraderのホワイトラベルだった事もあり、TitanFXもAxiCorpかPepperstoneのホワイトラベルではないかと推測されます。よってTitanFXから決済を委託されているのはAxiCorpかPepperStoneのどちらかという事になります。
「注文を外部へ流す」と言えば聞こえは良いのですが、決済を委託する先のマーケットにより、スリッページが発生しやすくなる為、実質取引コストは、スプレッドなど表面上の数値だけでは計算できなくなってしまいます。
よってTitanFXでは、ある程度のスリッページは覚悟しておいた方が良いかと思われます。

スプレッドは狭いと言われていますが・・・

TitanFXの実質コストを計算すると、ドル円で1.03pips程度となっており、他社ブローカーと大差ありません。むしろスリッページの大きさを考慮するとコスト的に不利とさえ思ってしまいます。また同じスプレッドの狭さを売りにしているAXIORYが東京サーバなのに対し、TitanFXがニューヨークサーバというのもスリッページ面では不利と言わざるを得ない状況です。

信託保全と資金の安全性について

結論から書くと、残念ながらTaitanFXには信託保全の仕組みはありません。ナショナルオーストラリア銀行での分別保管のみとなっています。また公式サイトにはニュージーランドライセンスと書かれていますが、FSGにはセントビンセントライセンスのみの記載となっています。
セントビンセントライセンスは監査介入の義務付けが無い為、TitanFXは第3者機関による会計監査を受けていません。つまりTaitanFXの顧客資金流用には何の制約も設けられておらず、TaitanFXが倒産した場合、預入資金が返金される保証はありません。
またSTP/ECNなので倒産リスクは少ないと宣伝されていますが、資金の流用リスクがある限り、倒産リスクは大きいと判断せざるを得ません。

海外FX業界最高の日本語サポート

TitanFXへサポート時間を問い合わせたところ、24時間ライブチャット対応しているとの回答が返ってきました。試しに金曜の27時という微妙な時間帯にライブチャットへアクセスしてみましたが、ちゃんと日本人が対応していて驚きました。ちなみにメールの返信に関しては比較的遅いようなので、問い合わせはライブチャットかコールバックがおすすめです。おそらく海外FX業者では唯一の24時間サポート体制なのではないでしょうか。

入出金スキームについて

以前はビットコインでの入出金も可能でしたが、残念ながらビットコイン分裂リスクから取扱いが停止となってしまいました。また国内銀行への出金も取扱い停止となってしまい、代わりにマイビットウォレットへの出金が可能となっています。以前はビットコインや国内銀行出金に対応するなど、入出金スキームにおいて頭ひとつ抜けていたTitanFXですが、現状は他の海外FX業者と比較しても特別優れた点は見当たりません。

高リスクについての警告

外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。

取扱FX業者一覧